確認するポイントをチェック

>

利用する際の注意点

いつまでに返せば良いのか

途中で資金が足りなくなったら、会社の経営を続けられません。
せっかく作った会社が倒産する危機に陥るので、そうならないよう資金調達を行ってください。
手っ取り早い方法は、金融機関から資金サポートを受けることです。
もちろんこの資金サポートは、起業しようと思っている人も使えます。

ただ資金を借りる方法なので、最終的に返済しなければいけません。
資金サポートを受けると、金融機関が返済期間を決めます。
期間を言われた時点で、スケジュールを組み立てましょう。
ある程度長い期間を設けてくれるので、毎月コツコツと返済していれば、滞らずに返済できると思います。
期間内に返済できないと信頼を失い、もう金融機関から融資を受けられなくなってしまいます。

信頼されるコツを知る

そもそも審査を通過しなければ、金融機関から融資を受けられません。
審査では、こちらに返済能力があるか判断されます。
収入が安定していなかったり、すでにたくさんの負債を抱えたりしている会社は、審査を落とされる可能性があると理解してください。
そのような会社は、審査が簡単だと言われる金融機関に相談することをおすすめします。

また、事業計画書を作成してください。
これまでにどのような事業を展開してきたのか、書類で説明しましょう。
さらにこれから始める事業内容も、書類に書いてください。
この事業を行うために、このぐらいの資金が必要だと具体的に書くと信頼されやすいです。
詳しく説明して、計画性があることを大きくアピールしましょう。


この記事をシェアする
TOPへ戻る